ロレックスのロゴの価値はどれくらいですか?

Paul Newman ポール・ニューマン Ditonnas 時計の世界では神話的な存在です。

ベテラン俳優のポール・ニューマンが着用していた6239の名を冠した特別な文字盤を持つ、特別で希少なオールドファッション「ダイアゴナル」は、2017年に行われたフォイズ社のオークションで天文学的な金額で落札されました。

今日、ポール・ニューマンは、この特殊なダイアルのデイトナの代名詞となっており、購買力の高いプレイヤーや投機家に求められています。

しかし、もうひとつ、あまり知られていないロレックスのセレブリティウォッチ「ジャン・クロード・キリー」があります。

ジャン・クロード・キリーとは?

スキーが好きな人にとって、フランスのアルペンスキー選手であるジャン・クロード・キリーは、1960年代にさまざまな大会で驚異的な優勝を果たしたことから、おそらく知らない人はいないだろう。

1965年のヨーロッパカップ、1967年のワールドカップ、そして1968年の冬季オリンピックではアルペンスキーで3つの金メダルを獲得しました(オリンピック史上2人目)。

それだけではなく、彼はロレックスのブランドアンバサダーやボードメンバーにもなりました。

ヴィンテージロレックスの中には、ジャン・クロード・キリーの名を冠した時計もあります。

1947年から1962年にかけて、ロレックスは「ダト・コンパックス・フルカレンダークロノグラフ」という新シリーズを発表した。

4767、5036、6036、6236の各モデルは、限られた数しか発行されなかったため、希少価値があります。

この時計は、ロレックスが製造した中で最も複雑な時計の一つです。

キリーが6236をよく着用していたことから、現在では「ジャン・クロード・キリー」と呼ばれています。

昨年11月に行われたFoyezのオークションでは、オイスターのスタッドストラップを装着したスチール製の6236モデルが441万香港ドルで落札されました。

同様の作品

しかし、振り返ってみると、同時期(1950~60年代)にキリーウォッチと同じキャリバー(バルジュー72)を使用した類似モデルが各ブランドから無数に発売されています。

偶然にも、Seminan Le Cheminantのフルカレンダー・ムーンフェイズ・クロノグラフを見つけました。

このブランドは、あまりにも小さいので、聞いたことがありません。 何しろ、かつては英国海軍のクロノメーターやブリッジクロックの専用施設だったのですから。

キャリバーのバルジュー88は、タイプ72にムーンフェイズ機能を追加していますが、形状、フェイス、ムーブメントは、ジャン・クロード・キリーと同じキャリバーです。

*また、初期のデイトナにも搭載されていたバルジュー72は、かつて「時計史に残る完璧なムーブメント」と称されていました。

調べていくうちに、たまたま見つけた(同じ番号の)このケミナンが掲載されていることに気がつき、驚きました。

1950年代から1960年代にかけて、同時期のロレックス・ダトーコンプに使用されていたジャン・クロード・キリーのケースモデルで作られたもので、まさにオイスターそのものです。 37mmの直径は、当時としては数少ないオーバーサイズです。

ティアドロップ型のアワーマーカーとタフィー針を配した文字盤は、洗練された老紳士のように、端正で抑制された機能的なレイアウトになっています。 しかし、6時位置のムーンフェイズ・フェイスは無邪気な雰囲気を醸し出しており、文字盤に活力を与えています。

ねじ込み式の防水ケースバックを開けて、バルジュー88の構造と機構を眺めていると、バルジューのマニュファクチュールはもう存在しないのだと感じざるを得ません。

また、ムーブメントは軟鉄製のキャップで磁気から守られ、インカブロックの振動錘で衝撃から守られています。

この時代に生まれた大口径の複雑機構を搭載したスチール製のクロノグラフが、現在まで良好な状態で残っていることはあまりありません。

もちろん、このル・シュミナントの印象的な点は、コンディションの良さもさることながら、ティアドロップ型のアワーマーカーです。

長年の酸化と発光不良を経て、孔雀の開いた尾のような、祖母の古い梅の時計を思い出す。

一方、「ロレックス ジャン・クロード・キリー」は、100万円以上する同年代のモデルよりも高価です。

ロレックスの影響力は非常に大きいが、V72ムーブメントをベースに、ショックアブソーバー、ヒゲゼンマイ、防水リューズなどの部品を改良していることに注目してほしい。つまり、技術的な最適化によって名声を築いてきたのであり、それが評価されているのだ。

このように、コアテクノロジーとブランドの伝統との相互作用が、これまでに大きなレバレッジを生み出してきました。

しかし、一般の人にとって、ロレックスのキリーウォッチは本当に手の届くものではありません。 良いニュースは、同時に、他のブランドのバルジュー・クロノグラフがまだ手頃で、財布を空にしなかったことです。

例えば、このSeminan Le Cheminantは、在庫に近い状態であっても、前述のロレックスの前で披露するにはあまりにも高額です。

ブランドが違えば、時計の運勢も違うということですね。

バルジューの他にも、ミネルバ、ヴィーナス、レマニア、そしてかつての王者ロンジンなどのヴィンテージ・クロノグラフ・ムーブメントがあります。

いずれも静かに値上がりしていますが、新しい時計愛好家にとっては探求する価値のあるものばかりです。

マッチ棒5本分の価値はあるが、時計の世界はそれ以上に面白いはずだ。

再現の領域 ブランパン フィフティファソムズ バティスカフ ダイブウォッチのレビュー

ブランパンは昨年、50ファソムズモデルの一つである「バシスカフ(深海ダイバー)」を復活させましたが、これは1952年に誕生したもので、1953年にフランスが買収したダイビングウォッチの祖先として知られています。 軍の委託を受けたフィフティファソムスは正式に一般に公開され始めましたが、当時のフィフティファソムスの直径41mmは少し大きかったためか、ブランパンは1956年にレギュラーサイズのフィフティファソムス・ディープ・サブマーシブル安いBlancpain 時計 を再発売しました。 私は最初にこのレプリカディープサブマーシブルを見たとき、私はそれがちょうどその鈍いケースで、とても当たり障りのないものだったので、私は本当にそれの意味を持っていなかったことを認めなければならない、そのプレーンなダイヤル、その陳腐な色、その厄介な手、その全体的なサイズと一致していなかった、その大きな王冠、そのハード-ツー-ツイストベゼルと遠くから黒さの永続的な混乱だったその動き、それはどんな手段でもプレミアムに見えた時計のように見えませんでしたが、それは言うまでもありません ブランパンがなぜこんな時計を再現するのか理解できません、好きではないからこそ注目していないのです。

ブランパンフィフティファゾムスシリーズ5000-1110-B52A

とりあえず手に取って見てみましたが、何も感じなかったので、同僚に渡して先に見てもらうように伝えました。 私は思った、私は私の同僚が私の思考と同じでなければならないと思った、このテーブルは退屈だと思う、自分のことをするために脇に置いて、しかし、私が見上げたとき、私はシーンが起こったことを期待していなかったように、誰もがまだそれの真剣かつ慎重な精査である。その瞬間、私は弱音を吐かずにはいられなくなり、「この時計はそんなに見る価値があるのか? 30分ほど経って、私の意見を言うと、一目見て絶対に耐えられない時計、インチガラス越しに見ると絶対に置けない時計、細部まで完璧に処理されている時計、ということになります。 同時に、これはまだ非常に高いレベルに到達するために時計のレプリカです。

ブランパンフィフティファゾムスシリーズ5000-1110-B52A

まず第一に、我々は複製の問題について話をする必要があり、複製は、時計に入れて、文字通り再彫刻を意味し、常識によると、新しい製造であり、複製は、一般的にオリジナルのように貴重ではありませんが、問題は、オリジナルが利用できなくなり、元の金型がなくなっているが、我々は非常にオリジナルの外観のように、何をすべきか? そうなると、型を開きなおして原型通りにやり直すしかないので、複製は原型のコピーなのか、そうでないのかという疑問が出てきます。 それとも時代に合わせて適切な変更をしているのでしょうか? 常に話題になっています。 原作が愛される理由は、実はどちらかというと感傷に近いものがあります。 また、当時の元々の技術的な条件の限界から、欠点の程度も違うでしょうし、それを解決せずにコピーしてしまうと、その欠点は当時は受け入れられていたものが、今は絶対に受け入れられるものなので、ほとんどの人は受け入れられないと思います。 モデルです。

私の考えでは、良いレプリカは3つの要素を持つべきだと考えています。 その中の一つがシンガーというブランドで、伝統的な時計屋さんの感覚を残しつつ、オリジナルを守りながら再現しています。 ひとつはオリジナルをベースにシンガーというブランドが再現したポルシェ901、もうひとつはブランパンのディープサブマーシブルです。 私はいつも思うのは、再現性の最高レベルは一見同じままであることですが、実際にはこの深海潜水のケースとベゼルの形状を除いて、他のすべての要素が変更されて、これはまさにブランパンの巧妙さだと思います、私たちがすべて知っているように、ケースとベゼルの形状は時計全体の魂であり、最も特徴的な家系の特徴が捕捉されている限り、他の多くの部分がどれだけ変更されても、それは人々にこの時計が最も美しいと感じさせることでしょう。 オリジナルの血が脈々と流れており、さらにブランパンはオリジナルの形状を踏襲しただけでなく、時代に合わせて人気の43mmまでサイズを拡大しています。

ブランパンフィフティファゾムスシリーズ5000-1110-B52A

ブランパンがこの時計の魂を的確に捉えすぎているためか、ほとんどの人が一見して見向きもしないのですが、それは何と言っても深海棲艦はミリタリーウォッチから来ており、見た目よりも性能を重視するのがミリタリーウォッチの最大の特徴なので、この時計は人を輝かせないだけでなく、どちらかというと古臭いと思わせてしまうのです。 ケースはステンレスやチタン製で、表面はオリジナルのような細かさはなく、高級時計のようなサテン仕上げになっています。 特にラグ、時計の一番外側にある3つのファセットの間の遷移がとても魅力的です。 私の考えでは、この時計の最大の魅力はラグの面取りスライスであり、これは時計の魂であるだけでなく、複数の視覚的なレイヤーの基礎でもあります。 閉じていると長くなるだけで、着用者のパフォーマンスに直結します。 時計を横に90度回転させて横を見ると、このファセットがあるからこそ時計が細く見えることにも気がつきます。

もちろん、深海棲艦のファセットも、ラグが顔全体に不恰好にカットされていないことに貢献しています。 淵淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたもので、淵を集めたものである。 ラグの強度を確保するのはもちろん、ストレートカットによるラグの硬さの問題を緩和し、先端部による装着時の美観を向上させています。
時計の酸素量を測定する回転式ベゼルは一見地味に見えますが、実は時間や海水によって大きく腐食してしまった世界最先端のリキッドメタル技術を採用しています。 金属とセラミックが本当に一体化しているので、激しい衝撃による変形には絶対に強く、変形しても目盛りが消えることはありません。 メタルとセラミックの真の融合により、たとえインデックスが変形しても衝撃による変形には絶対的に強く、セラミックを使用しているため、ベゼルに傷が残るのはダイヤモンドだけです。 ブランパンは、最新の技術を駆使してクラシックな外観を可能な限り復元しています。

最初に最も分かりやすいのは光度目盛で、3、6、9、12の位置が台形になっている以外は元々の長目盛からドット目盛に変更されています。 発光素材のポリッシュ仕上げのテーパーベゼル周りがレトロ感をプラスしています。 元々の手はシンプルな四角いだけのものだったのですが、新しいものは直径が大きくなっているので、以前と同じように扱うのがバカらしく、手が細く太くなっています。 実際、この時計にはこのような気の利いたディテールが他にもたくさんあります。例えば、文字盤の色はオリジナルに近いのですが、黒の塗装の中に極細の放射状のブラッシュラインがはっきりと見て取れますし、日付窓は繊細なインデックスの一つ一つを損なわないように4時と5時の間に遊び心を持って配置されています。 角度をつけてJBの文字が入っています。この時計の最もエキサイティングな改造は、もちろんムーブメントで、遠くから見ると黒く見えるかもしれませんが、ブランパン独自のキャリバー1315を搭載しています。 このバランスホイールの正確な材質はわかりませんが、あの4本の微調整ネジの研磨もすごいので、いつも金でできているような気がします。 その煌びやかなバランスホイールとは別に、バランススプリングも侮れないもので、今最もホットな素材であるシリコンを使用しており、耐磁性に優れているだけでなく、腐食や摩耗、経年変化にも非常に強い。
ムーブメントは3つの香箱と120時間のパワーリザーブを備えています。 私の中では、50ファソムズはおそらく世界で最も耐久性の高いダイビングウォッチであり、特に大きなグレーの振動錘が一定のパワーを供給してくれます。 貴金属を隠すためにメッキを使用しているのではなく、そのスタイルは非常に地味に見えますが、実際には非常に高級感があり、これだけのマグナニティブランドを持つブランパンならではのものだと思います。実際には、この動きの控えめな豪華さは、重量の振動に反映されているだけでなく、我々は動きのブリッジの表面全体が多くの治療を行っていない、とさえ荒いと表現することができますが、あなたがブリッジのいずれかのエッジを見たときに、あなたは冷たい空気を吸うと叫ぶ、ブランパンは本当に素晴らしいですが、これらの開先は素晴らしく魅惑的ですが、我々は一般的に通常の開先と比較して、そのような開先を丸みを帯びた開先と呼んでいます。 通常、非常に複雑なモデルにしか見られず、面取り研磨の最上級とされる面取りとは異なり、ジュネーブストライプだけを装飾して面取りをしない人よりも何倍も優れた研磨技術を持つ実用的な300mプロダイブウォッチで見てきました! 神からの贈り物と言わずにはいられません! 最後に、この時計に問題がある方に言いたいのですが、見た目で時計を判断しないでください、このディープダイバーは間違いなくインチガラスで手に取って味わうのに最適な時計です、それはあなたを驚かせ続けるでしょう、私を信じてください!

あなたの手首にレースの情熱を タグ・ホイヤーの新しいフォーミュラ・ワン・コレクション

2014年9月には、世界初の電気自動車レース「FIAフォーミュラE選手権」が開幕し、モータースポーツに深く根ざしたスイス時計のパイオニアであるタグ・ホイ
安いです TAG Heuer ヤーがオフィシャルパートナーとして参加します。 このパートナーシップを記念して、タグ・ホイヤーはフォーミュラ1コレクションの新モデルを発表しました。

パンアメリカンロードレースにインスパイアされた「カレラ」から、F1モナコグランプリにインスパイアされた「モナコ」まで、タグ・ホイヤーはモータースポーツへの情熱を隠すことはありませんでした。 マクラーレンのF1チームとのパートナーシップにより、洗練されたF1ドライビングテクノロジーに直接インスパイアされた大胆で高性能なF1ウォッチのコレクションが誕生しました。 アイルトン・セナからジェンソン・バトンまで、タグ・ホイヤーのF1コレクションは、F1チャンピオンたちに着用されてきました。

F1コレクションと同じ特徴と性能を持つ41mm径のオートマチックと44mm径のオートマチック・クロノグラフは、第1回FIAフォーミュラE選手権で新たに発表されました。


タグ・ホイヤー F1コレクション キャリバー6 自動巻き (41mm)

キャリバー6を搭載した初のタグ・ホイヤー フォーミュラ1オートマティックで、「イージーグリップ」ねじ込み式リューズ、逆回転防止ベゼル、夜光性の針とアワーマーカー、拡張可能なスチール製ブレスレット、ダブルセキュリティなど、F1コレクションのすべての機能を備えています!また、このモデルには、「イージーグリップ」と「逆回転防止ベゼル」が搭載されています。 留め具と裏蓋にはクラシックな市松模様が施されています。 新しい特徴的なシェイプとエレガントな彫刻が施されたラグを備えたケースは、ブラックまたはホワイトの文字盤、スチールブレスレット、スポーツパーフォレーテッドレザーストラップからお選びいただけます。 時間はあなたの選択です。


タグ・ホイヤー F1シリーズ キャリバー16 自動巻きクロノグラフ (44mm)

新しいタグ・ホイヤー F1シリーズ キャリバー16 自動巻きクロノグラフは、F1レースのすべての興奮を表現しています。 この時計とクロノグラフは、クロノグラフカウンターの黒とコントラストをなす燃えるような赤のディテールが、より一層見やすくなっています。 ブラックチタンカーバイドコーティングのベゼルが基本のタキメーターです。 螺旋状のモチーフが刻まれたスモールセコンドダイヤル、6時位置に日付窓、3時、9時、12時位置にそれぞれクロノグラフの時・秒・分ダイヤルを備えており、時間を把握することができます。


タグ・ホイヤーについて。

1860年にサンティミエにあるエドワード・ホイヤーによって設立されたタグ・ホイヤーは、特にクロノグラフのデザインとその極めて高い精度において、高級時計製造の分野で多くの重要な功績を残してきました。 スイスの高級時計ブランドの中でも最も革新的なブランドであるタグ・ホイヤーは、スポーツウォッチや世界で最も正確なクロノグラフや時を刻む時計を生み出すというスイスの伝説を受け継ぐ、先駆者であり前衛的なブランドです。 2012年には、ジュネーブ時計グランプリで時計界で最も切望される賞である「ゴールデンハンド」を受賞しています。 タグ・ホイヤーは、革新性、卓越性、パフォーマンス、そして独自性を追求するために、容赦なく努力を続けています。 この野心は、ボーダフォン・マクラーレンやF1世界チャンピオンのジェンソン・バトン、ル・マン24時間レースのアウディチーム、新しいFIA世界電気機械レース選手権など、業界の著名人とのパートナーシップにも表れています。 –第34回アメリカズカップで優勝したオラクルチームUSAのパートナーでもあり、キャメロン・ディアス、レオナルド・ディカプリオ、インド人俳優サンドラ・シェーファーなどのハリウッドセレブとも積極的に関わっています。 また、タグ・ホイヤーは、キャメロン・ディアスやレオナルド・ディカプリオなどのハリウッドスターや、インドの俳優シャー・ルク・カーン、中国人アーティストの陳大明、WTAテニスチャンピオンのマリア・シャラポワなどとも活躍しています。 マリア・シャラポワのようなスターとのコラボレーションにより、私たちは、タグ・ホイヤーが目指すもの、すなわち業績と革新性を強調したいと考えました。 タグ・ホイヤーは、1887年にホイヤーが発明した振動ピニオンにインスパイアされたキャリバー1887という、100%自社開発のスイス製クロノグラフムーブメントを使用した最初のメーカーです。 そのほかにも、ベルトを動力源とする「モナコV4」、中央の針で1/100秒を計測・表示する「カレラ マイクログラフ」、1/1,000秒精度の「カレラ マイクロタイマー」、5/10,000秒精度の「カレラ クロノグラフ」を開発しました。Mikrogirder.技術者と時計メーカーは、脱進機をマイクロブレードと磁力で交換することに挑戦しました。 この卓越した時計製造技術により、タグ・ホイヤーは、スイスの時計製造のエリートたちの高級時計財団に選ばれました。

音色と遠近法の美しさ ジュレ・オーデマ スケルトン ミニッツリピーター

レプリカオーデマピゲ 現在も創業家が経営する数少ない時計メーカーの一つであるオーデマピゲは、グランドコンプリケーションの分野でも大きな存在感を放っています。 1889年には早くもミニッツリピーター、スプリットセコンドクロノグラフ、永久カレンダー機能を備えた懐中時計を発表しています。 1892年、まだ腕時計が珍しかった当時、オーデマ・ピゲは世界初のミニッツリピーター腕時計を発表しました。

音色と遠近法の美しさ ジュレ・オーデマ スケルトン ミニッツリピーター

1980年代末に始まった機械式ルネッサンスの中で、オーデマ・ピゲは、前述の2つの機能を融合させた1992年のジャンピングアワー・ミニッツリピーターをはじめ、数々の象徴的なコンプリケーションを発表しました。 しかし、その寸法はわずか34×37mm、内部にジャンピング・ミニッツ・リピーター・キャリバー2865を搭載したこの時計の直径はわずか22.6mmと、現代にしてはやや小さかった。 2006年、オーデマ ピゲは新世代の「ジュレ オーデマ」を発表しましたが、今回ご紹介するのはそのスケルトン版です。

ジャンプは決して主人公ではなく、中空のムーブメントを使用しています。よりクラシックにするために、副木はレッドKゴールドメッキで処理されています。非常に立体的なダイヤルの下に、豪華な金色のラインがあります。

オーデマ・ピゲの新世代ミニッツリピーターの最大の特徴は、43mmの大型化だけでなく、内部のキャリバー2907SQの直径は37mm(本体は29.3mm)となっています。 ムーブメントにはダブルゴングとダブルハンマーが搭載されており、シースルーの裏蓋からもはっきりと見ることができます。 実際に使ってみると、ミニッツリピーターのチャイムはクリアで響きの良い音で、ハンマーの力強ささえ感じられ、平均以上の音ですが、減速機の音がやや強調されています。

ジャンプは決して主人公ではなく、中空のムーブメントを使用しています。よりクラシックにするために、副木はレッドKゴールドメッキで処理されています。非常に立体的なダイヤルの下に、豪華な金色のラインがあります。

前回のミニッツリピーターでは、面板の左上にジャンプディスクが配置されていて、サイズが小さかったため、ジャンプ窓の数字の比率がイマイチでした。 読みやすさを向上させるために、ジャンピングディスクは中央の針と6時位置のスモールセコンド針にまたがるようにかなり大きくなっており、ジャンピングモジュールの構造によりムーブメントの直径は37mmまで拡大されています。 ミニッツリピーターやジャンピングアワー機能に加えて、プレートと部品の違いを際立たせるためにピンクゴールドを使用するなど、スケルトン化の手法もこのモデルの大きな特徴となっています。 一枚一枚のプレートは、細かい魚鱗やフィリグリー仕上げが施されており、パーツのベベルも研磨されています。 透かし彫りのデザインにより、ジャンプ機構の動作が見えるだけでなく、チャイム機能を作動させるとハンマーや可動部がはっきりと見えるようになっています。

全ての男性に最適な理由 パテック フィリップ ノーチラス アニュアルカレンダー

PATEK PHILIPPEの創業者である二人は、ブランド設立時には「目標を達成できない」と予測していたのではないだろうか。 100年以上の時を経て、クラシックを超えた革新的なコレクション「ノーチラス」が、スポーツウォッチやベゼル全
安いパテックフィリップの時計  体にも登場します。 波を作る。 今日では、ノーチラスはパテック・フィリップに欠かせない存在となっており、別の 広く知られている名前 – ノーチラス。 今日は、このコレクションの中から、年間カレンダーウォッチを詳しく見ていきましょう。 (Ref: 5726/1A-014)


パテックフィリップスポーツエレガンス5726/1A-014

ノーチラス」コレクションは、エレガントでスポーティなデザインでありながら、実際にはこのような特徴があり、コレクションの中で最も汎用性の高い時計の一つとなっています。 目立ちます。 スイスにあるパテック・フィリップ博物館では、パテック・フィリップの歴史を2人の創業者が力を合わせる前の時代まで遡ることができます。 その長い歴史の中で、パテックフィリップは常に “信頼性は革新の特徴である “ということを時計の中で維持してきました。 時計製造の哲学。 こうして、次々とレアな作品を持ってきてくれました。

このノーチラス アニュアルカレンダー ウォッチは、バーゼルワールド2019で初公開されたおかげで ノーチラスコレクションは、その革新的な文字盤デザインと機能性ですでに高い人気を誇っています。 . パテック・フィリップの時計の歴史の中で、複雑機構は一般的に、あるいは圧倒的に貴金属ケースで発表されてきました。 しかし、この時計はスポーティなスチールモデルとペアになっており、当初は世間の評判は芳しくありませんでした。


パテックフィリップスポーツエレガンス5726/1A-014

ケース径40.5mmのアイコニックなスクエアケースに、日付、曜日、月、ムーンフェイズを表示する文字盤を備えています。 スモーキーなグラデーションの文字盤デザインが、この5726のディテールに深みを与えています。 グラデーションのブルーとブラックの文字盤は、光の加減や角度で違った表情を見せてくれて、着こなしに楽しさをプラスしてくれます。

ムーンフェイズの文字盤が日付窓と一体化したアニュアルカレンダーウォッチで、文字盤のレイアウトは左右対称のままです。 針とアワーマーカーには蓄光コーティングが施されており、薄暗い環境下でも時間を確認できるようになっています。 時計の振動錘には、パテックフィリップの象徴的なホールマークがはっきりと見えます。 これは、時計が本物のパテックフィリップの起源であることを意味します。 日付・月・月相当の機能を備えた自動巻きムーブメント「324 S QA LU 24H」と、自動格納機能を備えた「324 S QA LU 24H」は、まさにパテック フィリップの真骨頂です。 35~45時間程度であることが多いです。


パテックフィリップスポーツエレガンス5726/1A-014

180年以上にわたり、パテックフィリップは、時計業界の先駆的かつ革新的な力を代表してきました。 それ以来、パテック・フィリップは、今日の時計製造の見方を定義した時計製造の分野で多くの重要なブレークスルーを行ってきました。 時間を測る方法。 時間とメカニックを愛する人々は、パテックフィリップを所有することを誇りに思っていますが、それでも私たちは知っている – 「私たちは決して!」。 本当にパテックフィリップを所有している、我々はちょうど次の世代のためにそれを維持している」。

パテックフィリップ Ref.5015とRef.5396。

最近はスポーツウォッチが流行っていますが、パテックフィリップのブルーフェイス5711はなかなか手に入らず、今年でノーチラス40周年を迎えました。 確かに話題性のあるシリーズで、アクアノートの5167は人気の唐揚げですが、いつも
安いパテックフィリップの時計  思っていたのは カラトラバは、シンプルでエレガントなフォルムが特徴の不朽の名作です。5015は私が1990年代に初めてパテックフィリップを購入したパフォーマンスで、5396は全体的な形状やデザインなど機能面で最も優れていると思います。 アピールしています。

パテックフィリップの5015オフィサーケースの開閉可能なバックカバー、完璧なパフォーマンスレイアウト、マグネティックホワイトダイヤルの外観は、完璧な組み合わせです。

クラフトマンシップの強いクラシカルなスタイルの時計は、時代に左右されない、かけがえのない、受け継がれていくことができるクラシカルな外観をしていることが多いです。 いつまでも男女の心に残る不朽の名作。1990年代、パテック・フィリップはオープナブルなケースバック、完璧なパフォーマンスレイアウト、マグネット式ケースを備えたオフィサーズケース「5015」を発表しました。 白文字盤が多くのファンを夢中にさせた定番モデルです。5015の最大の特徴はムーンフェイズで、135本の歯で「月齢」を示す能力を持っています。 を122年に1日しか誤差がないので、月と同じペースで走るポインタを月相表示窓の中央に追加して 月相の傘窓の上に日ごとの目盛りを付けて、その年の太陰暦の日付をはっきりと表示できるようにしたのは、この年では初めてのことです。 この機能を備えた時計は、集める価値があります。

これは私が持っている中では最も初期のプラチナバージョンで、ホールマークはセントバーナードッグヘッドではなくアンテロープヘッドのままで、1995年以前のヴィンテージのものです! ホールマーク 5015は、22Kゴールド製のマイクロローターを搭載したCal.240ムーブメントを搭載し、逆回転防止機能を備えています。 設計、厚さ 2.4MM の頻度 21,600 振動、バランスの車輪によって合金の hairspring の単一層が装備されていて、8 つのねじりのピッチを変えることができます 1970年代にパテック・フィリップが開発した新世代の自動巻きキャリバーで、ムーブメントの速度を微調整するためのカウンターウェイトスクリュー「マッセロッテ」を採用しています。 40年近く使用されており、永久カレンダーまでのモデルに見られ、その性能は十分に発揮されています。 背中が開くオフィサーケースが好評で、その後の5059パーペチュアルカレンダーや5013ベーシックモデルも好評を得ています。 良いですね、36mmのスケールが最適で、今は少し小さすぎるように見えますが、クラシックはいつまでも興味をそそられます。 ちなみにパテックフィリップ5227にはカラトラバモデルがありますが、このモデルにはオープンバッククリアランスという唯一無二のデザインもあります。 古典の中の古典、所有する価値は十分にあります。

パテックフィリップの5396アイボリーホワイトダイヤルと矢印型の針は、すべてのパテックフィリップのカレンダーの中で最も魅力的なクラシックスタイルです。

パテック・フィリップの5396はこれまでに合計3つのダイヤルデザインがあり、最初の5396は鉄道のスプリットスケール、柳の葉の針を採用しています。 非常にエレガントな5396の第二世代は、同じ性能構成を持っていますが、アイボリーの文字盤と矢印の形をした針は、時計で遊んでいる私には非常に魅力的です。 5396は、時計の致命的な魅力と、毒のある時計を手放すのがどれだけ大変かを友人たちは皆知っているので、ずっとコレクションに入れています。5396の魅力は、バー型のアワーマーカーにはビーズの目盛りが付いており、12時位置のディスプレイの下部には左から右へ2つの開口部があります。 曜日と月は、下の月の文字盤の周りの針で表示される24時間の演出があるので、午前と午後の時間がわかりやすいです。 日付が変わる部分では、11時40分に手がゆっくりと日付をずらし、12時40分頃に跳ね返り、カレンダーの 少し濁っていた左の位置を再び右に修正して正しい位置に戻るのは、午前1時半になってからです。 パテック・フィリップの年間カレンダーに共通して、私の好みであるカレンダー構造の全体的なデザインに問題があると思います。 心配しています。

第一世代の324はジュネーブシールであり、私の5396は、第二世代の最初のバッチに属しており、また、ジュネーブシールであり、このバッチの後に ということで、パテックフィリップの印鑑に乗り換えました。 メーカーによると、パテックフィリップシールの精度が向上しているとのことで、クロノメーターよりも精度が高いのかとても気になりますね 認定レベル、ジュネーブのホールマークが付いた5396は状態も良く、1日3秒ほど速くなり、すでに大満足です .

パテックフィリップ5015には、Cal.240ムーブメントが搭載され、22Kゴールドのマイクロオートマチックディスクを使用し、一方向に巻かれた、薄型モデルです。

1970年代以前のパテックフィリップのオートマチックキャリバー600と460はコレクターズアイテムであり、全選手の中でも最高級とされています。 精度と耐久性、巻き取り効率の良さ、ダブルヒゲゼンマイを採用したジャイロマックスバランスが特徴のこのモデルは、ほぼ完璧と言っていいでしょう。パテック・フィリップが1970年代以降に使用していた28-255は、最もよく知られているモデルは直径42mmの初代3700です。 現在のステンレスの相場は5万ドル前後がコレクターズアイテムで、続いてパテック・フィリップの240口径、310口径が登場しています。 フィリップ・オートマティックの心臓部であるこれらの後継機は、オリジナルの600や460とはデザイン的には全く関係がなく、システムは全く新しいものでした。 IWCのペラトンシステムとは異なり、60年近く経った今でも開発された最新のムーブメントでも キツツキ」の巻き上げ機構。 パテック・フィリップは、315や330などの300シリーズの前身と同様の構造を持つ324ムーブメントを採用しました。 比較のために、テンプホイールの内側にあった8つのマッセロットのカウンターウェイトのネジが4つに交換されています。 バランスホイールのバランス。

パテック・フィリップ・キャリバーの初期には、カウンターウェイトのネジは複雑な工程でテンプリングに取り付けられていましたが、後に量産のために修正されました。 バランスホイールの内側にネジを取り付けているので、難易度は低いですが、実際には6本や2本のネジでも微調整効果は十分にあります。 ファンの間で人気のあった初期のパテック・フィリップのスタイルが残っていることを除けば、8が仕事をしてくれるでしょう。 324はまた、精度を向上させるために周波数を21,600から28,800に上げ、ローターを太くし、巻線効率を向上させています。 これは基本的には部分的な性能向上であり、シリコンクリスタルの毛バネなどの脱進機構を交換することで、現在では計時の精度を向上させる効果があります。

1996年に発売された初の年間カレンダーモデル「5035」は、これまでにない特徴を持っています。 20年目を迎えたパテックフィリップは、プレーンな英語のアラビア数字に剣型の針を採用した3つ目の文字盤「5396」を発表しました。 ミスマッチですが、柳葉針の方がブレゲの手との相性が良いですね。パテック・フィリップの「5041」や昨年ロンドンのために作られた限定モデル「5153」にもアラビア文字とブレゲ針が採用されており、このような時計にはぴったりの組み合わせとなっています。 時計はオーソドックスな定番のやり方です。

一度は持ってみたいパテックフィリップのパテックフィリップの腕時計!

160年以上の時計製造の経験を持つ、パテックフィリップの時計は、味を持つ任意のコレクターのための時代を超越した追求であり、のために これは、優れた安いパテックフィリップの時計 伝統と質の高い職人技の目利きに特に当てはまります。 ブランドの名門コレクションには、コンスタントモーションウォッチ、アニュアルカレンダーウォッチ、トゥールビヨンなど、数々のユニークな機能が搭載されています。 ジャガー・ルクルトの時計などと同様に。

  パテック・フィリップは、アンティコルムのような権威ある時計オークションの常連であり、永遠にリフレッシュしているようです。 驚くべき取引実績。 ブランドは、アルバート・アインシュタインやデューク・エリントンのような永遠の成功を愛しています。ピョートル・チャイコフスキー、ヴィクトリア女王、教皇ピウス9世、ルディヤール キプリングは、パテック・フィリップの名誉ある元顧客リストのスターの一人です。

パテックフィリップカラトラバシリーズ

1932年に発売されたこのシリーズは、柔らかなライン、高貴な優雅さ、美的な創造性の絶妙な解釈により、前衛的な美的概念を踏襲しています。息をのむようなデザインは、パテックフィリップが常に追求し続けてきた核心的な使命を反映しています。

パテックフィリップカラトラバコレクション

  カラトラバコレクションは、美しいカラトラバクロスをベースにしています( カラトラバ・クロス)にちなんで命名されました。 最初に登場したのは1932年のカラトラーバ。 過去70年以上にわたり、パテック・フィリップのデザイナーはコレクションを拡大し続け、より多くの例外的なデザインを追加してきました! と機能性を備えています。 少なくとも24種類のモデルを作成するために進化してきたパテック・フィリップの最も人気のあるコレクションであることに変わりはありません。

  ブランドを代表するコレクションのひとつであるカラトラバは、文字盤の丸みとクラシカルなフォルムの美しさを兼ね備えています。 と一緒に。

  最初は、パテック-フィリップ-カラトラバは、建築と芸術のドイツのバウハウス学校の創造的な哲学に続いて – フォームがあるべきであることを 機能的なニーズに応える 今日に至るまで、デザイナーはカラトラバの開発にバウハウスの哲学を適用し続けています。 カラトラバ・コレクションは、クロノグラフの第一の責任は、可能な限り正確であることであるという考えを反映しています。 記録時間。 バウハウス派は常に過剰で無駄な装飾を避けてきたので、カラトラバのコレクションはどんなデザインも許すことはありません。 あまりにも多くの注意が着用者に向けられている – 視覚的な焦点は常に時間の記録にあります。 最初のバウハウススタイルのカラトラバは、その後のコレクションのすべての時計のトーンを設定しました。

パテックフィリップゴンドロシリーズ

ゴンドロシリーズは1993年に発売され、パテックフィリップによるアールデコスタイルの現代的な解釈です。パテックフィリップが独自の時計を作るという一貫した追求と、会社の歴史を継承していることを十分に示しています。このシリーズの名前は、1902年から1930年にかけて有名なブラジルの小売業者「ゴンドロ&ラブリアウ」のためにパテックフィリップによって製造された「クロノメトロゴンドロ」時計に由来しています。

ゴンドーロコレクション

  ゴンドーロコレクションの物語は、1900年から1928年までさかのぼります。 当時、パテック・フィリップはリオデジャネイロにある宝石店「ゴンドーロ」や「ラビリャウ」と提携していました。 コラボレーション。 このコラボレーションの結果、クロノメトロ ゴンドーロ ポケットウォッチが誕生しました。 その精密なメカニズムは、瞬く間に時計コレクターの心を掴みました。

  1910年、パテック・フィリップは、トノー型の文字盤のバリエーションが豊富な「ゴンドーロ」の時計モデルを発表しました。 パテック、正方形、長方形、あるいは多角形であっても、世界中の他の時計メーカーのデザイナーの仕事に触発されました。 この取り組みにブラジルの株主は大喜びし、その後、「時計」の名称に「パテック」を採用しています。 “と同義で使用されています。

パテックフィリップゴールデンエリプスシリーズ

Golden Ellipseの楕円形のケースの長さと幅は並外れた黄金比を持ち、Golden Ellipseシリーズは1968年に誕生し、時計製造の歴史の中で最も美しい章を作成したことは間違いありません。パテックフィリップのエッセンスを最もシンプルな方法で完璧に具現化し、大胆なシンプルさとオーソドックスな純度を兼ね備えたこの時計は、パテックフィリップの主力製品の1つになり、パテックフィリップからひと目でわかるようになりました。

金色の楕円シリーズ

  ゴールデンエリプスで、パテックフィリップは時計の形状とエレガンスの完璧な統一を達成しました。 楕円形の文字盤は、丸い形と四角い形の古典的な融合を象徴しています。パテック・フィリップ初のゴールデン・エリプスは1968年に発売されました。 当時、パテック・フィリップの時計は同時代のどの時計とも違うものでした。 ゴールデン・エリプスは単なる一時的な流行ではなく、その完成度の高さから黄金色を帯びていました。 世界の時計製造の歴史の中で、永遠にクラシックなリストに位置づけられるであろうプロポーション。

  古代ギリシャの数学者による古典的な黄金分割理論に基づいて作られた黄金楕円形の楕円形。 これらの古典的なプロポーションは、すでに数え切れないほどの建築と芸術の傑作を生み出しています。 大胆なデザインとエレガントさを両立させた時計です。 その象徴的なデザインは、長い間トレンドとして認知されてきましたが、現在でも世界で最も認知されている時計です! スタイルの一つです。

  今日、パテック・フィリップのデザイナーは、ゴールデン・エリプス・コレクションに新しいモデルを導入し続け、さらには ジュエリーのデザイン。 どんなに変化しても、デザインの本質は目立ちます。 ゴールデンエリュプス精密計時 何世紀にもわたって受け継がれてきたジュネーブの時計製造の伝統をさらに発展させています。

世界一の時計、パテックフィリップについて教えてください。

レプリカパテックフィリップの腕時計歴史的なブランドであり、はい、1839年に設立されたが、それは非常に重要ではない、人々はそれを呼び出すもののほとんどは 1775年のブレゲや1833年のジャガー・ルクルトのように、遅すぎても早すぎてもダメなスイスブランドはありません! ティソも1853年などに創業しています。 また、パテックフィリップの時計のほとんどが貴金属で作られているのも事実ですが、トップブランドが貴金属を主原料にしているのも事実です。 例えば、A.ランゲ&ゾーネは、安価な金属製の時計をほとんど生産していませんし、パテックフィリップは、安価な金属製の時計をかなりの数を持っています。 時計の一部はステンレスなので、彼の主な理由はそこではありません。 また、多くの方がレアリティの話をされていますが、確かにパテックフィリップは一度に1万本以上は作らないですし、これまでの累計生産数も非常に少ないです。 でも60万以上だけど、それが一番の理由なのかな? グリューベルフォーゼイやロジャー・デュブイなどのような優れたブランドは、毎年数本の時計を生産していますので、それに異議を唱えるのは難しいのですが、明らかに違います。 年間100~150本しか生産していないブランパンフックスのように、パテックフィリップの1本の時計シリーズほどではありません。 他の友人は、すべてのパテックフィリップの時計は手作りであると言いますが、どのように多くのトップの時計は手作りではありませんか? これも同様に説得力がない。 他の人は、パテック・フィリップの時計の多くは緻密な彫刻が施されており、芸術作品であると主張していますが、ヴァシュロン・コンスタンタンのアルチザンコレクションである「ジャケトロ なぜ「時計の王様」パテックフィリップなのか?

パテックフィリップ博物館、ジュネーブ、参照。 P0844(1936)

まず、パテック・フィリップにはイノベーションの美しさがあります。

パテック・フィリップはイノベーションの名手で、1839年の創業以来、ドライバーをはじめとする数々の特許も取得しています。 巻き取り、精密調整器、ダブルタイマー、大型スパイラルバランスホイール、周辺自動巻きローター、関連バランスホイールスピンドル 多くのブランドにはない、他に類を見ない美しさです。 この他に類を見ないイノベーションの美しさは、多くのブランドには真似のできないものです。

パテックフィリップ博物館、ジュネーブ、参照。 P0844(1936)

第二に、パテック・フィリップには控えめな美しさがあります。

控えめの良さって何だと思いますか? パテック・フィリップのコンプリケーションの達人ぶりはどこにも引けを取りませんが、コンプリケーションモデルの多くは他のモデルに比べて洗練されていません。 ダイヤルはブランド同様にバリエーションが豊富でまぶしく、時計の側面には「めまい」のボタンまであります。 トゥールビヨンのような重要な複雑機構であっても、文字盤上では「見せびらかす」のではなく、ケースバック上であれば、シンプルかつストレートに表示されます。 逆さにして、見えないようにして、時計の裏側も美しくて絶妙なプレートがデザインされて、人は感心させて、このような “深い隠れた功名 “を! “控えめな美しさ “は、多くのブランドが期待するしかないのではないでしょうか。

イノベーション、控えめな表現と自信は、私たちの見解では、ブランドの魂さえも、パテックフィリップを異なるものにしているものです。 また、志や領域が違うので、他の人が真似するのも難しい。

カラトラバパイロット旅行時間参照。 5524Gおよび5524R(大型-42mm)

第三に、「触れる」伝説。

上記の2点がまだ目に見える独自性であるならば、これは目に見えないが、感じられる独自性である。 私は多くの時計ブランドは、いくつかの特に感動的なまたは魅力的な伝説を持っていると確信していますが、パテックフィリップを思い出したり、言及されるとすぐに 確かに、すぐに尊敬されるブランドに出会うことは稀であり、この感覚はもちろん多くの知覚経路の組み合わせの結果であり、必ずしも1つや2つではありません。 これは、友人が話しているもの、リーダーが愛しているもの、ストーリーがインスピレーションを与えるもの、広告がインスピレーションを与えるものなどが含まれています。 誰もパテック・フィリップを所有していない、彼らは次世代のためにそれを維持しているだけだ」というスローガンは、時計だけではなく、他のどんなビジネスにも当てはまると思います このような威圧的な自信を見つけるのは難しく、それが遺伝学に根ざしていると説明する人がいるのも理由がないわけではありません。 そして、定期的にヘッドラインを賑わせている時計オークションでは、パテック・フィリップがほぼ必ずと言っていいほど高額時計の記録を保持しています! 日頃から時計を追いかけている人にとっては、これだけ情報が氾濫していると、パテック・フィリップに好感が持てないわけがありません。

購入ロレックスdatejust126283rbrレプリカ時計

金鋼
モデル機能
金は明るく高貴で、人々に魅了されるように教えています。ステンレススチールは丈夫さと信頼性を表します。 2つは調和してブレンドされ、他の特性と完全に結合します。ゴールドスチールは、ロレックスの真の特色あるシンボルです。 1930年代初めにロレックスの時計に入れられ、1933年に正式に登録されました。これはオイスターシリーズの顕著な特徴の1つです。

1933年に正式に登録されました。これはオイスターシリーズの顕著な特徴の1つです。
1933年に正式に登録されました。これはオイスターシリーズの顕著な特徴の1つです。  

オリーブグリーンダイヤル
モデル機能
ユニークなロレックスの時計のダイヤルは、時計の識別を容易にし、読みやすいようにします。時間マーカーは長時間続く18 ctの金で作られています。ロレックスは独自の工場で各ロレックスのダイヤルを設計、製造しています。ほとんどのプロセスは手作業で行われ、完璧です。

オイスターストラップ
モデル機能
エナメルのストラップは、完璧な形、機能、美学と技術、絶妙で魅力的な形態です。ストラップにはシャックルバックルが装備されており、ロレックス独自の調整が容易なリンク延長システムも装備されています。この巧みに設計されたシステムは、ストラップが約5mm伸びることを可能にし、着用者にあらゆる状況において快適な感触を与える。

この巧みに設計されたシステムは、ストラップが約5mm伸びることを可能にし、着用者にあらゆる状況において快適な感触を与える。
この巧みに設計されたシステムは、ストラップが約5mm伸びることを可能にし、着用者にあらゆる状況において快適な感触を与える。

3235ムーブメント
モデル機能
新世代の3235キャリバーは、すべてロレックスによって開発、製造されています。この自動巻きの機械的な動きは、時計製造の頂点です。 14の特許で、この動きは精度、パワーリザーブ、耐震性、磁気性、利便性、信頼性に優れており、優れた技術を完全に証明しています。この動きには、ロレックスの新しい特許取得済みChronergy脱進機システムが装備されています。新しいエスケープシステムは、効率的で信頼性が高いだけでなく、磁場に影響されないニッケル – リンで作られています。

効率的で信頼性が高いだけでなく、磁場に影響されないニッケル - リンで作られています。
効率的で信頼性が高いだけでなく、磁場に影響されないニッケル – リンで作られています。

小さなウィンドウの凸レンズ
モデル機能
小さな窓の凸レンズはカレンダーの表示を拡大して読みやすくしています。それは、ロレックスの時計の機能だけでなく、識別も容易です。

ロレックスデイ日付118388腕時計を購入する

18CTゴールド
モデル機能
ロレックスは、高品質の18ct金合金を開発するための専用鋳造工場を持っています。銀、銅、白金またはパラジウムの異なる量、すなわち金、ピンクゴールドまたはホワイトゴールドを混合することによって、異なるタイプの18ct金を抽出することができる。すべての原材料は高純度の金属で作られています。金が形成される前に、それは自営業の研究室の高度な装置によって慎重に試験されなければならず、各プロセスは細心の注意を払っています。生産の開始以来、完璧を追求することは、ロレックスの一貫した主張です。

生産の開始以来、完璧を追求することは、ロレックスの一貫した主張です。
生産の開始以来、完璧を追求することは、ロレックスの一貫した主張です。

パヴェダイヤモンドダイヤル
モデル機能
彫刻家のような宝石セットの職人は貴金属を使って各宝石の宝石を作ります。その後、職人は非常に精巧な技術で宝石を象眼細工しました。各宝石は正確に位置合わせされ、その場所に校正され、金やプラチナのセッティングでの堅実な装飾が保証されます。宝石の品質に加えて、ロレックスはまた、宝石の高さとその正確な配置、配向及び位置、インレイの規則性、堅さ及び割合、及び絶妙の宝石を含む設定で他の厳しい要件を有します金属の設定。表面改質。これにより、時計は着用者の手首に目立つ装飾をもたらす。

ヘッドバンドストラップ
モデル機能
ロレックスのストラップとバックルの設計、開発、製造、そして厳格な試験が必要です。これは高度な技術に完全に適用されます。腕時計の他のコンポーネントと同様に、ストラップとバックルも、製品が美しいことを確認するために人によってチェックされます。ヘッドギアストラップには、1956年に発売された楕円形永久運動カレンダータイプの時計用に特別に設計された3列の半円形リンクが装備されています。このストラップは、エレガントで快適なフィット感のために厳選された貴金属から作られています。

このストラップは、エレガントで快適なフィット感のために厳選された貴金属から作られています。
このストラップは、エレガントで快適なフィット感のために厳選された貴金属から作られています。

3155ムーブメント
モデル機能
週カレンダータイプ36 Rolexによって完全に開発された3155自動巻き機械式ムーブメントには、曜日と日付のダイヤルユニットが装備されています。すべてのロレックスの定数芯と同様に、3155キャリバーは、スイスの公認腕時計テストセンター(COSC)に合格した精密腕時計に授与されたスイスの公式認定時計でも認定されています。この動きは、比類のない信頼性を持つすべての蚝型の動きと同じ方法で構築されます。

週カレンダータイプ36 Rolexによって完全に開発された3155自動巻き機械式ムーブメントには、曜日と日付のダイヤルユニットが装備されています。
週カレンダータイプ36 Rolexによって完全に開発された3155自動巻き機械式ムーブメントには、曜日と日付のダイヤルユニットが装備されています。

月曜日、月曜日
モデル機能
1956年に導入された週刊カレンダー・ウォッチは、革新的な革新を達成しました。カレンダー・ウィンドウとダイヤルの完全書き込み週を備えた世界初の時計でした。今週の暦は多国籍指導者に広く支持されており、その週は様々な言語で利用可能です。