一度は持ってみたいパテックフィリップのパテックフィリップの腕時計!

160年以上の時計製造の経験を持つ、パテックフィリップの時計は、味を持つ任意のコレクターのための時代を超越した追求であり、のために これは、優れた安いパテックフィリップの時計 伝統と質の高い職人技の目利きに特に当てはまります。 ブランドの名門コレクションには、コンスタントモーションウォッチ、アニュアルカレンダーウォッチ、トゥールビヨンなど、数々のユニークな機能が搭載されています。 ジャガー・ルクルトの時計などと同様に。

  パテック・フィリップは、アンティコルムのような権威ある時計オークションの常連であり、永遠にリフレッシュしているようです。 驚くべき取引実績。 ブランドは、アルバート・アインシュタインやデューク・エリントンのような永遠の成功を愛しています。ピョートル・チャイコフスキー、ヴィクトリア女王、教皇ピウス9世、ルディヤール キプリングは、パテック・フィリップの名誉ある元顧客リストのスターの一人です。

パテックフィリップカラトラバシリーズ

1932年に発売されたこのシリーズは、柔らかなライン、高貴な優雅さ、美的な創造性の絶妙な解釈により、前衛的な美的概念を踏襲しています。息をのむようなデザインは、パテックフィリップが常に追求し続けてきた核心的な使命を反映しています。

パテックフィリップカラトラバコレクション

  カラトラバコレクションは、美しいカラトラバクロスをベースにしています( カラトラバ・クロス)にちなんで命名されました。 最初に登場したのは1932年のカラトラーバ。 過去70年以上にわたり、パテック・フィリップのデザイナーはコレクションを拡大し続け、より多くの例外的なデザインを追加してきました! と機能性を備えています。 少なくとも24種類のモデルを作成するために進化してきたパテック・フィリップの最も人気のあるコレクションであることに変わりはありません。

  ブランドを代表するコレクションのひとつであるカラトラバは、文字盤の丸みとクラシカルなフォルムの美しさを兼ね備えています。 と一緒に。

  最初は、パテック-フィリップ-カラトラバは、建築と芸術のドイツのバウハウス学校の創造的な哲学に続いて – フォームがあるべきであることを 機能的なニーズに応える 今日に至るまで、デザイナーはカラトラバの開発にバウハウスの哲学を適用し続けています。 カラトラバ・コレクションは、クロノグラフの第一の責任は、可能な限り正確であることであるという考えを反映しています。 記録時間。 バウハウス派は常に過剰で無駄な装飾を避けてきたので、カラトラバのコレクションはどんなデザインも許すことはありません。 あまりにも多くの注意が着用者に向けられている – 視覚的な焦点は常に時間の記録にあります。 最初のバウハウススタイルのカラトラバは、その後のコレクションのすべての時計のトーンを設定しました。

パテックフィリップゴンドロシリーズ

ゴンドロシリーズは1993年に発売され、パテックフィリップによるアールデコスタイルの現代的な解釈です。パテックフィリップが独自の時計を作るという一貫した追求と、会社の歴史を継承していることを十分に示しています。このシリーズの名前は、1902年から1930年にかけて有名なブラジルの小売業者「ゴンドロ&ラブリアウ」のためにパテックフィリップによって製造された「クロノメトロゴンドロ」時計に由来しています。

ゴンドーロコレクション

  ゴンドーロコレクションの物語は、1900年から1928年までさかのぼります。 当時、パテック・フィリップはリオデジャネイロにある宝石店「ゴンドーロ」や「ラビリャウ」と提携していました。 コラボレーション。 このコラボレーションの結果、クロノメトロ ゴンドーロ ポケットウォッチが誕生しました。 その精密なメカニズムは、瞬く間に時計コレクターの心を掴みました。

  1910年、パテック・フィリップは、トノー型の文字盤のバリエーションが豊富な「ゴンドーロ」の時計モデルを発表しました。 パテック、正方形、長方形、あるいは多角形であっても、世界中の他の時計メーカーのデザイナーの仕事に触発されました。 この取り組みにブラジルの株主は大喜びし、その後、「時計」の名称に「パテック」を採用しています。 “と同義で使用されています。

パテックフィリップゴールデンエリプスシリーズ

Golden Ellipseの楕円形のケースの長さと幅は並外れた黄金比を持ち、Golden Ellipseシリーズは1968年に誕生し、時計製造の歴史の中で最も美しい章を作成したことは間違いありません。パテックフィリップのエッセンスを最もシンプルな方法で完璧に具現化し、大胆なシンプルさとオーソドックスな純度を兼ね備えたこの時計は、パテックフィリップの主力製品の1つになり、パテックフィリップからひと目でわかるようになりました。

金色の楕円シリーズ

  ゴールデンエリプスで、パテックフィリップは時計の形状とエレガンスの完璧な統一を達成しました。 楕円形の文字盤は、丸い形と四角い形の古典的な融合を象徴しています。パテック・フィリップ初のゴールデン・エリプスは1968年に発売されました。 当時、パテック・フィリップの時計は同時代のどの時計とも違うものでした。 ゴールデン・エリプスは単なる一時的な流行ではなく、その完成度の高さから黄金色を帯びていました。 世界の時計製造の歴史の中で、永遠にクラシックなリストに位置づけられるであろうプロポーション。

  古代ギリシャの数学者による古典的な黄金分割理論に基づいて作られた黄金楕円形の楕円形。 これらの古典的なプロポーションは、すでに数え切れないほどの建築と芸術の傑作を生み出しています。 大胆なデザインとエレガントさを両立させた時計です。 その象徴的なデザインは、長い間トレンドとして認知されてきましたが、現在でも世界で最も認知されている時計です! スタイルの一つです。

  今日、パテック・フィリップのデザイナーは、ゴールデン・エリプス・コレクションに新しいモデルを導入し続け、さらには ジュエリーのデザイン。 どんなに変化しても、デザインの本質は目立ちます。 ゴールデンエリュプス精密計時 何世紀にもわたって受け継がれてきたジュネーブの時計製造の伝統をさらに発展させています。

世界一の時計、パテックフィリップについて教えてください。

レプリカパテックフィリップの腕時計歴史的なブランドであり、はい、1839年に設立されたが、それは非常に重要ではない、人々はそれを呼び出すもののほとんどは 1775年のブレゲや1833年のジャガー・ルクルトのように、遅すぎても早すぎてもダメなスイスブランドはありません! ティソも1853年などに創業しています。 また、パテックフィリップの時計のほとんどが貴金属で作られているのも事実ですが、トップブランドが貴金属を主原料にしているのも事実です。 例えば、A.ランゲ&ゾーネは、安価な金属製の時計をほとんど生産していませんし、パテックフィリップは、安価な金属製の時計をかなりの数を持っています。 時計の一部はステンレスなので、彼の主な理由はそこではありません。 また、多くの方がレアリティの話をされていますが、確かにパテックフィリップは一度に1万本以上は作らないですし、これまでの累計生産数も非常に少ないです。 でも60万以上だけど、それが一番の理由なのかな? グリューベルフォーゼイやロジャー・デュブイなどのような優れたブランドは、毎年数本の時計を生産していますので、それに異議を唱えるのは難しいのですが、明らかに違います。 年間100~150本しか生産していないブランパンフックスのように、パテックフィリップの1本の時計シリーズほどではありません。 他の友人は、すべてのパテックフィリップの時計は手作りであると言いますが、どのように多くのトップの時計は手作りではありませんか? これも同様に説得力がない。 他の人は、パテック・フィリップの時計の多くは緻密な彫刻が施されており、芸術作品であると主張していますが、ヴァシュロン・コンスタンタンのアルチザンコレクションである「ジャケトロ なぜ「時計の王様」パテックフィリップなのか?

パテックフィリップ博物館、ジュネーブ、参照。 P0844(1936)

まず、パテック・フィリップにはイノベーションの美しさがあります。

パテック・フィリップはイノベーションの名手で、1839年の創業以来、ドライバーをはじめとする数々の特許も取得しています。 巻き取り、精密調整器、ダブルタイマー、大型スパイラルバランスホイール、周辺自動巻きローター、関連バランスホイールスピンドル 多くのブランドにはない、他に類を見ない美しさです。 この他に類を見ないイノベーションの美しさは、多くのブランドには真似のできないものです。

パテックフィリップ博物館、ジュネーブ、参照。 P0844(1936)

第二に、パテック・フィリップには控えめな美しさがあります。

控えめの良さって何だと思いますか? パテック・フィリップのコンプリケーションの達人ぶりはどこにも引けを取りませんが、コンプリケーションモデルの多くは他のモデルに比べて洗練されていません。 ダイヤルはブランド同様にバリエーションが豊富でまぶしく、時計の側面には「めまい」のボタンまであります。 トゥールビヨンのような重要な複雑機構であっても、文字盤上では「見せびらかす」のではなく、ケースバック上であれば、シンプルかつストレートに表示されます。 逆さにして、見えないようにして、時計の裏側も美しくて絶妙なプレートがデザインされて、人は感心させて、このような “深い隠れた功名 “を! “控えめな美しさ “は、多くのブランドが期待するしかないのではないでしょうか。

イノベーション、控えめな表現と自信は、私たちの見解では、ブランドの魂さえも、パテックフィリップを異なるものにしているものです。 また、志や領域が違うので、他の人が真似するのも難しい。

カラトラバパイロット旅行時間参照。 5524Gおよび5524R(大型-42mm)

第三に、「触れる」伝説。

上記の2点がまだ目に見える独自性であるならば、これは目に見えないが、感じられる独自性である。 私は多くの時計ブランドは、いくつかの特に感動的なまたは魅力的な伝説を持っていると確信していますが、パテックフィリップを思い出したり、言及されるとすぐに 確かに、すぐに尊敬されるブランドに出会うことは稀であり、この感覚はもちろん多くの知覚経路の組み合わせの結果であり、必ずしも1つや2つではありません。 これは、友人が話しているもの、リーダーが愛しているもの、ストーリーがインスピレーションを与えるもの、広告がインスピレーションを与えるものなどが含まれています。 誰もパテック・フィリップを所有していない、彼らは次世代のためにそれを維持しているだけだ」というスローガンは、時計だけではなく、他のどんなビジネスにも当てはまると思います このような威圧的な自信を見つけるのは難しく、それが遺伝学に根ざしていると説明する人がいるのも理由がないわけではありません。 そして、定期的にヘッドラインを賑わせている時計オークションでは、パテック・フィリップがほぼ必ずと言っていいほど高額時計の記録を保持しています! 日頃から時計を追いかけている人にとっては、これだけ情報が氾濫していると、パテック・フィリップに好感が持てないわけがありません。

トップ10ベストラグジュアリーウォッチガイド

 

私たちの最初の時計ブランドは誰ですか?

パテックフィリップは確かに世界で最も有名なブランドであり、「時計の中の青い血貴族」として知られています。そして、6002Gのこの世界の限られた3を持って運命に中国初のオープンなネットワークジェンテストセンターとして、パテックフィリップは、ハイエンドの消費者の中で最も人気のあるブランドです、良い販売実績を維持しています。

古典的なスローガンに非常に似ています。「誰もパテックフィリップを所有することはできませんが、次世代のために保つことはできません。

しかし、ロレックスの平均価格は、時計産業の愛であり、パテックフィリップのそれよりもまだ優れています。ロレックスの時計の平均価格は約7967ユーロで、これは約RMB60,000に相当します。そして、この平均価格はリストのやや劣っています。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、歴史の231年を持ってブランド名の時計の世界最古と最長期間、年間20,000人以上の唯一の生産,,それは、ダイヤル上の十字マークとしてスイスの国章として、すでに味、地位と富ですシンボル。

ランゲウォッチは、非常に正確なドイツの機械式時計ブランドです。その主な特長は比類のない絶妙な技術と完璧な手仕事の高い基準です。レア非スイスの時計ブランド、それがために東ドイツのかつての独裁一度姿を消したが、ドイツの再統一が再び若返り後、東部ドイツの製品の典型です。ランゲは、高い一般的に1000万人以上によれば、品質と価格の両方作り、オーデマピゲの腕時計 唯一の機械式時計貴金属を主張し、一般的な国内のショッピングモールは、購入することはできません。

ナショナルスイスの時計ブランド、1889年に開催されたパリの第十インターナショナル・ウォッチ・フェアで、オーデマピゲグランドコンプリケーションテーブル佗の展示会は、絶妙なデザインは、テーブル内のオーデマピゲのための有名な大きな反響、名声を魅了しました祭壇は高貴な地位を確立しました。今日、世界のトップ10リストの一人として尊敬第四世代の子孫、顕著な成果、深い時計愛好家やコレクターのリーダーシップの下で、オーデマピゲオーデマピゲと家族。

ブランパンブランパン(Blancpain Blancpain) – 世界で最も複雑で多目的なオールハンドの機械式時計です。 1735年以来、ブランパンはクオーツ時計を生産したことのない、客観的には、最後に実行することは不変です!現存する最古の時計ブランドブランパンはない組立ラインの工場で、製造工程の全ては、古い農家で、それは個々の時計メーカーによって手作りされました。今日の時点で、個人的には、時計職人ブランパン、数と心に刻ま署名することにより、すべての1メートルを確認し、厳格な品質管理、何年も前の練習から変わらないこと。

Breguet Breguetはスイス時計の長年の重要な同義語であり、近年再編されました。 1747年、ブレゲはスイスNASHAタイで生まれ、パリに住んで彼の時間のほとんどは、数え切れないほどの偉大な発明は、彼が、腕時計を購入する 各カテゴリに時計業界で活躍した、生命を作成し、彼のキャリアの上に登り続けるブレークスルーのシリーズ衝撃装置など;人々へのより驚きの、シンプルなネオクラシカルなデザインのピークは、そのような改良された自動テーブルとして、本発明チャイムクロックスプリングとベルを鳴らします。

ジャガー・ルクルトの腕時計は、スイスの代表的な時計です。多くのスイスの時計ブランドは、以下の2つの特徴があります。ジュラ山脈からジュー渓谷、ピアジェ(ピアジェ)として;などパテックフィリップ(パテックPATEKと飛李フィリップ2で作成された)、ジラール・ペルゴのように2つの結晶コラボレーション、 (GrardtおよびPerregauxによって共同制作された)et al。全世界のように、両方の2つの機能は、ように見て、オーデマピゲ(オーデマピゲ)とジャガー・ルクルトの偉大な評判をお楽しみください。

1874年、ジョルジュ・エドゥアール・ピアジェは動き始めました。 1940年、ピアジェの孫はピアジェの国際市場を開拓しました。 100年の開発の後、ピアジェは大きな成果を上げました。一流のオリジナル機器の機械的な動作に加えて、ピアジェは、すべてのケースをカウントし、時計のブレスレットは18K金やプラチナの鋳造で結合され、装飾面のデザインは、主に真珠の母、瑪瑙と刻まれた他の宝石として使用、カラフルでありますに。

トップの高級時計ブランドリスト行ラフト位置はもちろん、簡単ではありませんでしたでは、世界クラスの時計ブランドはまた、単に世界のトップブランドを導入よりもはるかに、それよりも多くのです。高級腕時計ブランドランキングの時計には、すばらしい職人技と価値があります。貴重なトップ腕時計のように限られた数に、そして第二に、それは、非常にコレクター個性のスタイルとテクニックを体現しています。